新婚夫婦のL.A. life

LA観光情報を、現地在住夫婦でお届けします

私たち夫婦が、ある日海外移住を決意したきっかけ【アメリカ移住】

 

このまま歳を重ねて、少しずつ仕事に慣れて、

いつか結婚して子供を産んで、育休を取って、それから・・・

満員通勤列車に揺られながら、

容易に想像できてしまう自分のこの先の人生を考えていました。

 

それもきっと、とっても幸せな人生。

でも、学生のころはもっと情熱に満ち溢れていた・・・

 

 

学生時代

海外への憧れを抱いたキッカケは、

大学で本物の(?)バイリンガルに出会ったこと。

それまで海外に行ったことすらなかった私は、

英語と日本語を絶妙に入り混じえながら話す彼らに衝撃を受けました。

しかも(なぜか)ルックスも最強。

Tシャツとショーパンを着こなし、スタイルも良くてかっこよかったのです!

 

映画から出てきたみたい!と思いました。

 

それから海外旅行や留学を経験し、世界の広さを知りました。

いかに自分が狭い世界で、狭い価値観でものごとを判断してきたかを。

 

培ってきてしまった変なプライドとかこだわりとか、

全部、すっと抜けていくのを感じました。

 

海外に行ったからといって、急にバイリンガルになる訳でも

急にスタイルが良くなる訳でもないけれど(ならないか)、

何を着たって、周りを気にしない強さは身につきました。

 

日本で就職

海外旅行や留学は、多くの人が経験してることだから

それに従えばよかったのだけれど、海外での就職はハードルが高いもの。

海外への関心は高かったものの、結局私は日本で就職活動を始めることに。

どこの会社も「グローバル人材!」を謳っているものなのですね。

(真否は置いておいて)

 

この時代、仕事で海外に行くこともきっとあるはず!

もしうまく行かなかったら、ワーホリでも行こう!

ということで就職したのですが、実際に海外に行くチャンスは訪れませんでした。

 

日々の業務が忙しくなってくると、それどころではなくなってしまった。

頭の片隅のはじっこには残っていたけれど、

いつのまにか海外志向は薄れていきました。

 

彼との出会い

そんなとき彼(今の夫)に出会いました。

彼との出会いは別途まとめたいと思いますが、

そのうち二人の将来の話をするように。

f:id:aroundthecorner:20190601033509j:plain

 出典:https://pixabay.com/ja/

 

結婚が見えてきたとき、嬉しさと同時に心に浮かんだのは、

「これで、もう二度と海外に住むことはないんだなぁ」

ということ。

 

それとなく、彼に話してみました。

 

もともと海外旅行好きだった彼。

好奇心の塊みたいな人で、一度走り出すと止まらないタイプなもので

じゃあ海外の仕事探してみる?!というノリで、

海外拠点での転職活動を開始することに。

 

そんな訳で、私たちの海外移住計画のスタートです。

 

次に続く!!

 

きっかけの話

アメリカに来てみると、つくづくアメリカは移民の国だと実感しました。

ひとりひとりに物語があって、全く異なるバックグラウンドを持っていて。

お金も仕事もないのにとりあえず飛び込んでみた方とか

自分の国にいたくなくなった方とか、本当に色々。

 

みんな、きっかけがあります。

 

きっかけはなんだっていい。

例えば、海外ドラマや映画に憧れてとか

最近読んだ本にこう書いてあったとか

あの子がこう言ってたとか

(このブログでもいいし)

 

たった一つの言葉だって、きっかけになるものです。

 

まずはリスクヘッジしながら動いてみる。

何度トライしてもダメなら、あなたには別の道があるはずです。

うまく行かないとき、それを受け止めるのは大変なことだけれど

一周回って、十年後二十年後には、これが自分にとって

ベストな道だったんだって気がつく。

 

でも、何かに向かって動き始めなければ、その道すら見えてこない。

私はいつもそう信じて動いています。