新婚夫婦のL.A. life

LA観光情報を、現地在住夫婦でお届けします

海外移住で現地に着いてからの過ごし方【順に沿って説明します】

 

ついにアメリカに到着!! 

となったら、ここからが大変です。(笑)

 

現地に到着してからお仕事が始まるまでの限られた期間で、

効率よく手続きを進めるコツをご紹介します。

 

f:id:aroundthecorner:20190601032156j:plain

出典:https://pixabay.com/ja/
 

それぞれの詳細な手順は別記事でまとめていきますが、

ここでは全体像とその順番についてまとめてみました。

 

★は1〜5まで完了したら順不同

 

1. ソーシャル・セキュリティ・ナンバー(SSN)の取得

SSNとは、社会保障局が個人に対して発行する9桁の番号のことです。

日本のマイナンバーのようなイメージですが、戸籍が存在しないアメリカでは

社会保障を受け取るために必要であるだけでなく、

納税の管理や、IDとして後述する各種手続きにも必要になってきますので

まず最初に行いましょう!

 

SSN取得方法については、別記事にまとめたいと思います。

 

2. 車の購入

車社会のアメリカでは、ひとつひとつの場所が離れたところに位置しており

例えばアパートの内見に行ったりSSNを申請する機関に行ったり

レストランに行くのにすら、車が必要です。

場所にもよりますが、公共機関は不便なことが多く

あまり本数がなかったり、治安が悪かったりします・・・

 

私たちはUberやLyftを利用していました。

Lyftはこちらに来るまで聞いたことがなかったのですが、

Uberより少し安いのでおすすめ。

これらはタクシーより安いとはいえ、移動する度の出費は非常に痛い。

そのため、車の購入は早い段階で行うことをおすすめします。

 

車の購入方法についても、詳細を別記事にまとめたいと思います。

 

3. アパートの契約

SSNの申請・車の購入と同時進行で行います。

ネットで検索できるので、日本にいるうちに見当はつけておきましょう。

私たちは下記サイトを利用しました。

  • Zillow
  • Apartments.com
  • WestsideRentals(おすすめ)

また、アパート名をgoogleで検索するとその口コミが見られます。

アメリカ人は厳しい評価をする人が一定数いるらしく、どの物件も

1人か2人はめちゃくちゃに批判している人がいておもしろい。(笑)

少数であれば気にしなくていいと思います。

 

私たちはなかなか納得いくものに出会えず、10件近く内見しました・・・

 

4. 家具の調達

アパートが決まったら、入居日に合わせて家具と検討していいます。

個人的には家具付き物件を狙っていましたが、ほぼありませんでした。

 

家具の調達に利用したのは以下になります。

  • Craigslist
  • Target
  • IKEA
  • amazon

Craigslistというのは地域限定のネット掲示板のようなもので

個人間で売り・買いのマッチングができます。家具だけでなく、

ルームメイトの募集・車などありとあらゆるものが掲載されています。

Targetには食料品から家具までなんでも売っていて、

日本のイオン的な存在。店舗数も多いので重宝しました。

 

5. 日本から送った荷物の受け取り

アパートが決まったら、入居日に合わせて荷物を送ってもらいましょう。

引っ越し会社に連絡して、港か倉庫に保管されているであろう

日本から送った荷物たちを受け取ります。

 

★在留届の提出

これは日本国籍の方が、3ヶ月以上国外に滞在する場合に

提出しなければならないもの。

ネットで簡単に登録が可能ですので、隙間時間にやっておきましょう。

 

★運転免許取得

州が発行する運転免許を取得しましょう。

当面は国際免許証で運転できますが、平日しか開館していないので

今のうちに行っておくとよいかと思います。

場所はDMV(Department of Motor Vehicles)と言われる機関が

地域ごとにあるので、そこで試験を受けます。

 

筆記試験→実技試験の流れで、筆記試験に合格すると実技試験の

予約ができるのですが、1ヶ月以上先まで予約で埋まっています。

私たちは、会社が始まる前に筆記試験だけ受けておきました。

 

★銀行口座の開設

給与の振込には銀行口座が必要です。口座開設も割と面倒。

銀行によって必要書類が異なっていますが、SSNと住所とパスポートはマストです。

chaseは規律が厳しく、住所と名前が記載された公共料金の支払請求書が

ないと開設できませんでした。(つまり引っ越し直後は作れない)

bank of america は比較的に簡単に開設できます。

 

アメリカ移住にあたって私たちも色々なブログを拝見しましたが、

海外赴任でいらっしゃる方が多いようで、その場合はほとんどの手続きを

会社側がやってくれるみたいですね。

自力で(?)行う場合の手順をまとめているものが見つからなかったので、

まとめてみました。

 

参考になれば幸いです!