新婚夫婦のL.A. life

LA観光情報を、現地在住夫婦でお届けします

アメリカでテレビを見る方法【偉大なるRokuTV・時代は動画ストリーミングか】

 

インターネット普及が進んだ昨今、

「最近の若者はテレビを見ない」と言われ、テレビの代わりに

動画ストリーミングサービス(NetflixやHulu、Amazonプライムビデオ等)

を利用する人口が増えていますが、私もそのひとり。

 

一人暮らしのとき、テレビこそ買いませんでしたが、

Netflixがないと生きてけない!(笑)という状態でした。 

 

実はアメリカでは、はるか前から、

ケーブルテレビや衛星テレビのサービス利用をやめる

コードカッティング」が進んできました。

 

以前、アメリカの友達のお家に行って、

「なにか見る?」と言ってテレビをつけてみると、

 

なんでしょう?謎の画面がでてきました。

f:id:aroundthecorner:20190531063731j:plain

 

Netflix、Hulu、Amazonなどのアイコンが表示され、

ストリーミングサービスを選択する画面です。 

 

今回は、この正体とともに

アメリカのテレビ事情についてご紹介します!

 

 

謎の画面の正体:RokuTV

RokuTVをご存知でしょうか?

 

AppleTVやChromecastのように、動画ストリーミングサービスが

見られる端末(テレビ)のひとつです。

アメリカ企業のRokuTV、実はアメリカのストリーミング端末業界で

圧倒的なシェアを誇る企業だったのです。

  

RokuTVには、初めからストリーミング機能が内臓されているので

なんの設定もいらず、好きなサービスを選択してログインすれば、

すぐに見られるのです!

 

アメリカのストリーミングサービスは

驚くほど種類が豊富で非常に充実しており

Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオ、Youtubeのみならず

野球、バスケ、フットボール、ニュースの番組まであります。

(それぞれ月額利用料を支払う必要があります。)

 

ケーブルテレビを見るには非常に手間がかかる

一方、通常のケーブルテレビへの接続ですが、

日本のそれよりも、やや厄介で高いのです。

 

まず、アンテナ(50ドル程度)を購入して設置します。

 

これだけで見られる番組もいくつかあるらしいのですが、

基本的には契約が必要で、こちらは以前ご紹介したように

インターネットとのセット販売になっていることが一般的です。

初めの1年は特別キャンペーンで100ドル程度、

2年目以降からは倍くらいに増額するんだとか・・・

 

以上の手間と費用を考慮して、

私たちはケーブルテレビはつけないことにしました。

 

テレビのサイズが巨大

ちなみにテレビのサイズは、日本の比にならないくらい大きいです。

平均サイズが48インチ、60インチ以上のものもよく見かけます。

そして値段も40インチと50インチでそこまで変わらなかったりするので

大きいサイズの方が断然お得。

 

友達いわく、アメリカ人の思想は、

Bigger is Better (大きいほどよい)

だそう(笑)なんとわかりやすい(笑)

 

我が家のRokuTV事情

ということで、私たちもRokuTVを購入しました。

リビングが(無駄に)広いので、50インチです!

 

日本にいるときから、海外ドラマと映画しか見なかった

私たちにはコンテンツは十分ですし、なにより

大きなスクリーンで海外ドラマが見られるなんて、

それだけで幸せ!

 

幸せすぎて、引きこもりにならないように

気をつける次第でございます。

 

ちなみに、お家のインターネットが弱いと

画質も悪くなってしまいますので注意しましょう。

  

アメリカのテレビ事情、いかがでしたか?

 

テレビへのこだわりは人によって大きく違い、

またこだわり度合いも異なると思いますので、

(どうしても日本のテレビを見られるようにしたい、など)

ご予算と相談しながら決めていただくのがよいかと思います。