新婚夫婦のL.A. life

LA観光情報を、現地在住夫婦でお届けします

アメリカで肉じゃがを作ってみた【洋風肉じゃがのレシピ】

 

アメリカ食材でつくるレシピをご紹介するシリーズです。

今回は、和食の代表格である 肉じゃがの洋風版 です。

 

実は今回、私ではなく 夫が作りました!

 

先日、アメリカ人の友達に料理はするかと聞かれ、

夫がカレーとカレーうどんを作った話をしたら

(カレールーの存在はみんな知っているようです) 

 

「いや、それは料理にカウントしない(笑)」

 

と爆笑されたのを期に、本気出すわ!と言っていました。

 

かく言う友達は包丁すら握らないらしく、

なぜその強気のツッコミができる!?という感じででしたが(笑)

 

さて、完成したお料理がこちら。

f:id:aroundthecorner:20190625152439j:plain

洋風肉じゃが

 

見た目よし、味よし!!

仕方がないので料理中の彼の写真を撮って

友達に送ってあげました。(証拠写真として)

 

もちろん、普通の肉じゃがもアメリカ食材で作れます。

が、こちらの洋風肉じゃがなら、醤油やみりんがなくても作れますし、

いつもの肉じゃがに飽きたときにも良さそう。

 

なんなら、日本にいる母が真似して作ったそうです(笑)

 

材料

  • 豚肉
    • 日系スーパーであれば、薄切り肉が売っています
  • じゃがいも
    • いくつか種類があるのですが、こちらwhiteというのが新じゃがみたいで美味しい

f:id:aroundthecorner:20190625152540j:plain

じゃがいも
  • にんじん
    • 細くて小さいのです!このままボリボリ食べるのが一般的らしい
    • どことなくウサギ用に見える・・・

f:id:aroundthecorner:20190625152709j:plain

にんじん
  • ネギ
    • 飾る用なので、なんでも大丈夫です。ブロッコリーでもいいかも
  • バター
  • 小麦粉

 

作り方

1. 豚肉に塩・コショウをふったあと、小麦粉を薄くまぶす

 

2. じゃがいもにんじんを一口大に切る

 

3. じゃがいもにんじんを電子レンジにかけ、柔らかくしておく

 

4. フライパンにバターをしき、豚肉を炒める

 

5. じゃがいもにんじんを投入する

 

6. 塩・コショウで味を整えて完成

 

美味しく作るコツ

アメリカのにんじんは生で食べることが多いようで、

カリカリ(ボリボリ?)食感を楽しみます。

 

煮るときは

 しっかり下ゆでしないと柔らかくならない

ので、注意が必要です。

 

電子レンジの場合は、電子レンジ用のキッチン用品があると

栄養を逃さず、上手に柔らかくできます。

 

そして、食べるときは熱々のフライパンごと食卓に持っていけば

いつもと違う雰囲気の肉じゃがの完成!

お箸が止まりません!!

 

感想

バターのおかげでまろやかな味わいになり、

お肉も柔らかくできました。

 

オイシカッタ!

 

それにしても、人に作ってもらうと

より美味しく感じるこの現象はなんと呼ぶのでしょう・・・