新婚夫婦のL.A. life

LA観光情報を、現地在住夫婦でお届けします

アメリカンスタイルの服装って?【カジュアル大歓迎!】

 

アメリカに来て大きく変わったことのひとつが、

ヒールの靴を、一切履かなくなったこと!

f:id:aroundthecorner:20190719023125j:plain

 

現在働いていない、ということもありますが、日本では平日も休日も基本はヒール靴でした。たまに、たくさん歩くときはデザイン系スニーカー。

 

今はというと・・・ランニングシューズで過ごすこともあります。(笑)日本では絶対にできないですね・・・

 

アメリカのカジュアルスタイルってどんな感じなの?について、詳しくご紹介したいと思います。

 

 

女性編

仕事着

インナー:(一応)シャツらしきものを着ています。

スカート:(なぜか)ストッキングを履かない(笑)

パンツ:ゆるゆるの楽チンパンツが多め。

靴:ヒールを履く人もいますが、大多数はペタンコの楽チン靴。

 

f:id:aroundthecorner:20190719022842j:plain

休日着

ボトムス:ジーンズかショートパンツ。

トップス:シンプルなTシャツ、タンクトップ、シャツなど。

ワンピース:ロング丈で綿の、カジュアルワンピースは見かけます。膝丈のキレイめのスカートやワンピースを着ている人はいません。まして、それにヒール靴なんて、見たことありません。(笑)

バッグ:小さめのポシェット。ブランドものはほぼ見かけません。

靴:スニーカーかサンダル。 

f:id:aroundthecorner:20190719022909j:plain

パーティー服

どうしたんだろうっていうくらい変わります。

 

パーティー文化の根付いているアメリカでは、みんなパーティー用のドレスを持っているらしくタイトなものからふんわり系まで、普段着と兼用なんて考えはないみたい。ヒールの高さもおそらく10センチ超え。

 普段とのギャップすごすぎない!?と突っ込みたくなります。

メイク

メイクしているかどうか、気が付かないくらい薄いです。なんなら本気ですっぴんの日もあるみたい。

 

信じられない・・・

 

そしてパーティーになると、まつげバサバサ、シェーディングまでバッチリのがっつりメイクになり、メイク道具持っていたんだ!と驚きます。(笑)

髪型

ストレートロングの子が多いです。

 

アメリカの美容院は、日本とは比較にならないくらい高額で、美容院に行かずに自分で切っている!という人も多いそう。パーティーのときはキレイに巻きますが、普段は何もしないストレート

 

私はクセっ毛で、日本では縮毛矯正とカラーとカットとトリートメントを交互にしていました。(忙しい・・・)

 

今はというと・・・ 放置!(笑)モップみたいになってきました。女子力は下がる一方です。(笑)

 

男性編

仕事着

日本だと、基本的にスーツで出社していた夫。アメリカでは、ジャケットを着ていると

「随分かしこまってるね!」といじられるらしく(笑)最近は柄入りのシャツに、ジャケットなし、スニーカーみたいな靴です。

 

同じ業界でもここまで違うとは。

f:id:aroundthecorner:20190719022937j:plain

休日着

Tシャツ、ハーフパンツかジーンズ、スニーカーかサンダル。以上!(笑)

 

なぜかみんな荷物もないみたいで、バックすら持ちません。(笑)どんだけカジュアルなんだ・・・

f:id:aroundthecorner:20190719022955j:plain

髪型

男性が行く床屋は、アメリカでも安いです。アメリカ系の床屋とアジア系のそれがあるらしく、夫は(なぜか)アメリカ系に行っています。

 

おそらく金髪(?)で髪の柔らかい人用のカットなのか、髪を一切すかずに、均等の長さに揃えて切ります。

 

髪が真っ黒で量が多い夫が、同じようにカットされると、のび太くんみたいになります。(笑)

 

友達にはジャパニーズ・アメリカンっぽい!と絶賛(?)されていたので、本人も満足していたようです。ヨカッタネ。

 

最後に

もちろん、アメリカにもキレイめの服を着ている人もいますし、職業によっては、かっちりスーツの人もいます。ただ、傾向として日本よりうんとカジュアルなのは間違いありません。

 

特に日本の女性は美意識がとっても高いので、美容メンテナンスに骨が折れるという方も多いのではないでしょうか?

 

「アメリカだし〜」を言い訳に美容は手抜きをしている私ですが、見た目(美容)以外のことに時間を割けるようになって、今までの時間ってなんだったんだろう?とふと思うことがあります。

 

ナチュラルに生きるというのは気持ちのいいものです。

 

みなさんもアメリカに旅行する際には、カジュアルめにトライしてみてはいかがでしょうか?

 

それでは、今日もよい1日を!