新婚夫婦のL.A. life

LA観光情報を、現地在住夫婦でお届けします

夏はお酢を味方にする料理!【アメリカでも手に入るお酢を活用】

 

暑くなってくると、さっぱりしたものが食べたくなりますよね。

冷やし中華とか、そうめんとか、ざるそばとか。(あれ、全部麺だ・・・)

 

さて、私は最近お酢を活用しています。

 

アメリカでもお酢(vinegar)はどこにでも売っているので、とても助かります。

正確には、和食でよく使われる穀物酢と比べると酸度が違うらしいのですが、普通に料理に使っても全然気になりませんでした。

 

今回はお酢のメリットとレシピをご紹介したいと思います。

 

 

お酢のメリット

1. 疲労回復に効く

アミノ酸とクエン酸が含まれているので、疲労回復に効果的です。

2. ダイエットに効く

脂肪の燃焼を助けたり、脂肪を蓄積しないようにする効果があります。

3. 抗菌作用がある

食べ物が傷みにくくなるので、お弁当にもぴったりです。

4. 塩分を含む調味料が少なくてよい

お酢を入れると味にパンチがつくので、塩や醤油などの塩分の摂取量を減らしてくれます。

 

この他にも美肌効果、腸内環境の整える、などなど嬉しい効果がたくさんあるみたいなのですが、

 

個人的には、4が結構重要だと思っています。

 

人が美味しい!と感じるものって少し味が濃いものですよね。

外食が美味しく感じるのは、濃い目の味付けだからだと思います。

 

美味しく料理しようとするとついつい塩分を入れすぎてしまう。

そこで、お酢やレモンを入れると酸味と塩気と甘みと・・・など諸々のバランスが取れて、美味しく感じると思うのです。

 

むくみやすい私には、塩分は大敵なのです・・・

f:id:aroundthecorner:20190801072120j:plain

 

お酢を使ったレシピ

酢豚

酢がつく料理といえば!と思って作ってみました。(笑)

f:id:aroundthecorner:20190801071102j:plain

 

【作り方】

1. ピーマン・パプリカ・玉ねぎを一口大に切っておく

2.  豚ロースを一口大に切り、両面に塩・コショウをふる

3. その上から片栗粉で包む

4. ごま油でお肉に焼き目をつけてから、野菜を投入する

5. 酢・醤油・砂糖・ケチャップ・水溶き片栗粉を混ぜたものを投入する

6. 味が浸透したら完成!

 

【感想】

お酢と豚がよく合います。見た目も綺麗にできました!

最近、ごま油(sesami oil)を購入したのですが、香りがよくて最高ですね。

 

ごま油のような中華に使われる調味料は、アメリカでも比較的手に入れやすいように思います。

 

チキン南蛮

南蛮系はなんでも美味しいですよね〜夫もマリネや酢漬けのものが好きなので、作ってみました。

f:id:aroundthecorner:20190801071124j:plain

 

【作り方】

1. 鶏ムネ肉はそぎ切りにして、フォークでぶすぶす刺してから、酒をふりかけ揉み、少し時間をおいておく

2. 玉ねぎ・パプリカを細切りにする

3. お酢・醤油・砂糖を混ぜ合わせたタレに、野菜を入れ混ぜ合わせる

4. 鶏ムネ肉の両面に片栗粉をまぶしてから、フライパンで焼く

5. 両面に焼き目がついてら取り出し、タレと野菜の中に投入する

6. 味がなじんだら完成!

 

【感想】

野菜を細く切った方が味が馴染みやすく、見た目もよかったのですが、今回は少し大きくなってしまいました。

時間も足りず、味がちゃんとなじんでいなかった・・・が、翌日には美味しくなっていましたよ!(笑)

 

最後に

いつも新しい料理を作りたくなってしまって、どれも定番化しないのが悩みです。

次回はこうしよう!と思っても、なかなか次回がやってこない。(笑)

 

得意料理は?と聞かれたら、答えに詰まるやつですね。

みなさんの得意料理はなんでしょうか?定番化するとよいお料理、教えていただきたいです!